お問い合わせはこちらまで

機械部品・組立コストダウン.COM

機械・装置などのコストダウンを部品加工レベルから提案する

医療機器用アルミニウム製プレート

名称 医療機器用アルミニウム製プレート
業界医療機器
材質アルミニウムA5052
寸法450×450×10
精度中央の円に対し、真円度0.05。 平面度0.1
表面処理白アルマイト処理

このアルミニウム製のプレートはある医療機器に使用されているもので、機械加工を行った後、表面処理として白アルマイト処理が施されています。このプレートの中央は、円形状ですが一部の円弧が無い形状になっていますが、このようにワークの一部が無いと応力によって歪みが大きくなってしまいますが、機械部品・組立コストダウン.comを運営する阿智精機では、真円度:0.05、平面度0.1を達成しています。この機械加工の応力によって生じるひずみは、一般的には同一方向に歪むように思われますが、そのプレートの圧延方向、材料メーカー、あるいは機械加工の条件によって、円弧がない部分が開いたり、反対に閉じたり、あるいはねじれたり、といった現象が生じます。 当社ではこのばらつきを最小限に抑えるため、加工手順と固定方法を工夫しています。

■機械・装置製造におけるローコスト設計のポイント

  • ■サイトマップ