お問い合わせはこちらまで

機械部品・組立コストダウン.COM

機械・装置などのコストダウンを部品加工レベルから提案する

機械部品・組立コストダウン.COMは、医療機器・食品機械の品質向上とコストダウンを追及する設計者・開発者様のための情報発信サイトです。医療機器・食品機械のコストダウンを行なうためには、機器そのものを構成する機械部品・板金製品の加工方法・表面処理・材料レベルからのVAが必要なことはもちろんのこと、組立方法・手順や医療機器・食品機械の使用方法を考慮した上での部品形状の検討が必須です。機械部品・組立コストダウン.COMは「機械加工」「表面処理」「材料」「板金・組立」の各見地からのVA提案情報を発信し、設計者・開発者のお役立ちになれる技術情報発信サイトとなることを目指します。さらにご希望の方には100名様限定で設計・開発に役立つVA技術ハンドブックを無料プレゼント中!ぜひご活用ください。

ユニクロメッキから無電解ニッケルメッキへの変更によるコストダウンのポイント

Before

一般にユニクロメッキは表面が均一の厚さでメッキを施すことが難しいという性質がある。そのため、高精度部品においてはメッキ後に仕上げ等の加工が必要になる。仕上げ加工の分加工工程が増え、コストも上がってしまう。

設計ポイント

After

高精度部品のメッキにおいては、ユニクロメッキに代えて無電解ニッケルメッキに変更することで加工コストを下げることが可能になる。無電解ニッケルメッキは、メッキ面に対して均一に仕上がるためメッキ後の加工等の必要がない。また、無電解ニッケルメッキ後、熱処理をすることによってHv500 ~の表面処理硬さが得られる。

機械部品の設計では、各工程での加工方法と最終的に機械部品に求めるスペックの組合せが最適かを考慮することが重要になる。ユニクロメッキは比較的安価な一般的な表面処理であるがめっき厚のコントロールが難しいため、高精度が必要な機械部品においては無電解ニッケルメッキを採用することでトータルでの加工コストを下げることが可能になる。

■機械・装置製造におけるローコスト設計のポイント

  • ■サイトマップ