お問い合わせはこちらまで

機械部品・組立コストダウン.COM

機械・装置などのコストダウンを部品加工レベルから提案する

機械部品・組立コストダウン.COMは、医療機器・食品機械の品質向上とコストダウンを追及する設計者・開発者様のための情報発信サイトです。医療機器・食品機械のコストダウンを行なうためには、機器そのものを構成する機械部品・板金製品の加工方法・表面処理・材料レベルからのVAが必要なことはもちろんのこと、組立方法・手順や医療機器・食品機械の使用方法を考慮した上での部品形状の検討が必須です。機械部品・組立コストダウン.COMは「機械加工」「表面処理」「材料」「板金・組立」の各見地からのVA提案情報を発信し、設計者・開発者のお役立ちになれる技術情報発信サイトとなることを目指します。さらにご希望の方には100名様限定で設計・開発に役立つVA技術ハンドブックを無料プレゼント中!ぜひご活用ください。

メッキつり穴による表面処理加工コストダウン設計のポイント

Before

ワークをメッキを施す際には、メッキ槽にワークを浸さなければならないが、メッキのつり穴がない場合はメッキ処理ができない。つり穴を設けずにメッキを施すためには特殊な冶具等を作成する必要があり、加工費が高くついてしまう。

設計ポイント

After

メッキを施す部品には、表面処理工程のことを設計段階から考慮し、メッキのつり穴となる形状を設計段階から設けておくことで、スムーズな表面処理が可能になる。特殊治具等を作成する必要もないため、表面処理の加工コストダウンが可能になる。なお、大きな機械部品の場合は図面の中で「どこの穴をメッキの際にひっかければよいか」の指示があるだけで、組立や部品納入時にトラブルが起きない。

機械部品の設計では、表面処理がどのように現場で行われるかを知っておくことが重要になる。メッキを施す際はメッキ層に部品を吊り下げながら浸していくため、つり穴となる形状を設計段階から機械部品に設けておくことで、表面処理の加工コストを抑えることができる。

■機械・装置製造におけるローコスト設計のポイント

  • ■サイトマップ