お問い合わせはこちらまで

機械部品・組立コストダウン.COM

機械・装置などのコストダウンを部品加工レベルから提案する

機械部品・組立コストダウン.COMは、医療機器・食品機械の品質向上とコストダウンを追及する設計者・開発者様のための情報発信サイトです。医療機器・食品機械のコストダウンを行なうためには、機器そのものを構成する機械部品・板金製品の加工方法・表面処理・材料レベルからのVAが必要なことはもちろんのこと、組立方法・手順や医療機器・食品機械の使用方法を考慮した上での部品形状の検討が必須です。機械部品・組立コストダウン.COMは「機械加工」「表面処理」「材料」「板金・組立」の各見地からのVA提案情報を発信し、設計者・開発者のお役立ちになれる技術情報発信サイトとなることを目指します。さらにご希望の方には100名様限定で設計・開発に役立つVA技術ハンドブックを無料プレゼント中!ぜひご活用ください。

タフトライド処理によるステンレス材料の滑り性確保のポイント

Before

SUS303、304に代表されるステンレス材料は、耐食性が必要な箇所によく用いられるが、材料の特徴として表面が不動態皮膜に覆われているため、設備や装置において滑り性が求められる場合に、滑り性が足りない場合がある。

設計ポイント

After

ステンレス材料の滑り性を強化したい場合はタフトライド処理を行うことで滑り性を上げることができる。タフトライド処理により、ステンレス材料表面が不動態皮膜に変わって窒化層となるために滑り性が向上する。なお、医療機器や食品機械の場合はニダックス処理(メッキ)などもよく用いられる。

機械部品の設計では、機械部品に求める機能を特殊加工により得ることもできる。ステンレス材料は耐食性に優れる一方、表面の不動態皮膜が滑り性を阻害する傾向があるが、タフトライド処理のような特殊加工により滑り性を付加することができ、機械部品の性能を向上させることができる。

■機械・装置製造におけるローコスト設計のポイント

  • ■サイトマップ