お問い合わせはこちらまで

機械部品・組立コストダウン.COM

機械・装置などのコストダウンを部品加工レベルから提案する

機械部品・組立コストダウン.COMは、医療機器・食品機械の品質向上とコストダウンを追及する設計者・開発者様のための情報発信サイトです。医療機器・食品機械のコストダウンを行なうためには、機器そのものを構成する機械部品・板金製品の加工方法・表面処理・材料レベルからのVAが必要なことはもちろんのこと、組立方法・手順や医療機器・食品機械の使用方法を考慮した上での部品形状の検討が必須です。機械部品・組立コストダウン.COMは「機械加工」「表面処理」「材料」「板金・組立」の各見地からのVA提案情報を発信し、設計者・開発者のお役立ちになれる技術情報発信サイトとなることを目指します。さらにご希望の方には100名様限定で設計・開発に役立つVA技術ハンドブックを無料プレゼント中!ぜひご活用ください。

ノックピンの省略による組立コストダウンのポイント

Before

組立部品においてノックピンでの位置あわせを行っている場合、ノックピンによる組立は高精度を維持できる。しかしコンマ以下程度の精度要求箇所に対してすべてノックピンによる設計を行うと、全体の加工工数、組立工数が非常に多く掛かり、コストが高くなってしまう。

設計ポイント

After

要求される組立精度がコンマ以下程度の精度である場所は、ノックピンを用いない設計にすることで組立コストを削減することが可能になる。具体的にはノックピンに代わり、つら合わせで位置を合わせてしまうことで組立を行う。こうすることで組立時に使用する位置合わせ治具などを使い、加工工数を減らし、さらに組立工数も減らすことができる。

装置設計では装置全体の要求スペックを考慮しながら、コストや納期のバランスを取ることが重要になる。機械部品を組立てる際には、組立精度が重要になるが、高精度を要する重要箇所はノックピンによる位置あわせを行い、それ以外の箇所はつら合わせによる位置あわせを行うことで機械加工の工数、組立工数を削減することができる。

■機械・装置製造におけるローコスト設計のポイント

  • ■サイトマップ