お問い合わせはこちらまで

機械部品・組立コストダウン.COM

機械・装置などのコストダウンを部品加工レベルから提案する

機械部品・組立コストダウン.COMは、医療機器・食品機械の品質向上とコストダウンを追及する設計者・開発者様のための情報発信サイトです。医療機器・食品機械のコストダウンを行なうためには、機器そのものを構成する機械部品・板金製品の加工方法・表面処理・材料レベルからのVAが必要なことはもちろんのこと、組立方法・手順や医療機器・食品機械の使用方法を考慮した上での部品形状の検討が必須です。機械部品・組立コストダウン.COMは「機械加工」「表面処理」「材料」「板金・組立」の各見地からのVA提案情報を発信し、設計者・開発者のお役立ちになれる技術情報発信サイトとなることを目指します。さらにご希望の方には100名様限定で設計・開発に役立つVA技術ハンドブックを無料プレゼント中!ぜひご活用ください。

組立時間短縮のため、機械部品の締結部には切り欠きを入れる

Before

機械や装置を設計・製造する際、例えばステンレスやアルミのバー同士をボルト等で組み立てて機械部品を制作しなければる必要がある場合は、組立のことを考慮して位置決めがしやすいよう、設計に反映しておくことが作業時間の低減につながり、同時にコストダウンになります。上記の図ではフラットなバー同士をボルトで固定するような設計になっていますが、この2つの部品同士のボルトの位置を合わせることは、部品が大きくなればなるほど困難になります。

設計ポイント

After

装置・機械のコストダウンを行なうには、機械部品の組立に際する位置あわせ時間を短縮できるような構造で設計を行うと、コストダウンに繋がります。上記の写真のように、ステンレスやアルミなどの2つのバーをボルト等で組み付ける場合、一方に少し切り欠きを入れるようにしておけば、位置あわせ時間が短縮でき、コストダウンになります。これは、大きな機械部品や重い部品になればなるほど時間が短縮できます。

装置や機械などのコストダウンを行なうには構成する部品のVA・VEが必須となりますが、これに加えて、いかに効率よく組みたてられるように設計するかというポイントも非常に重要です。ステンレスやアルミなどの部品同士をネジやボルト等で締結する際、大きな部品・重い部品になればなるほど位置あわせが難しくなり組立に要する作業時間が掛ってしまいます。このようなケースでは部品の一方に切り欠きを入れることで位置あわせが用意になり、作業時間が短縮されコストダウンに繋がります。

■機械・装置製造におけるローコスト設計のポイント

  • ■サイトマップ