お問い合わせはこちらまで

OEM装置 製造・組立.com

機械・装置などのコストダウンを部品加工レベルから提案する

SCM435製ライン治具

名称 SCM435製ライン治具
業界自動車業界
材質クロムモリブデン鋼SCM435
寸法Φ50×22
精度同心度:0.01、中心部穴はめあい公差:G6
表面処理ガス軟窒化処理

このクロムモリブデン鋼SCM435製のライン治具は、自動車業界に使用される装置の治具になります。加工上最も難しいポイントは円の中心に対する交差穴の位置が0.01とされている部分です。これを保証するために加工上様々な工夫を行って達成しています。

さらに、このクロムモリブデン鋼SCM435製の表面硬度を向上させるために、このライン治具に関しては当社で機械加工を行った後、ガス軟窒化処理を行っております。このガス軟窒化処理によってHv1,000程度を表面硬度を得ることができますが、硬化は表面の5~10μのみとなるので、窒化処理後の寸法変化を殆ど起こさないので、機械加工後、ガス軟窒化処理を行うだけでそのまま製品として出荷することができるため、納期短縮とコスト低減に繋がります。

なお、これとは別に表面硬度を確保する方法として浸炭焼入れがあります。この浸炭焼入れ処理もガス軟窒化処理と同様、Hv1,000程度の硬度となりますが、ガス軟窒化処理との違いは、表面の200μ程度が硬化してしまいます。そのため、機械加工を行い、浸炭焼入れを行ったら、再度仕上げとして機械加工を行わなければならないので納期がかかってしまいます。機械部品・組立コストダウンを運営する阿智精機では、様々な表面処理・熱処理の中からお客様の使用条件に合わせて最適な方法を提案させて頂いております。機械部品の表面処理でお困りの事がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

■機械・装置製造におけるローコスト設計のポイント

  • ■サイトマップ