運営会社 株式会社阿智精機

電話番号0265-43-2208 FAX番号0265-43-3048

お問い合わせ
  1. TOP
  2. 設計のポイント
  3. R 形状の設計変更による機械加工コストダウンのポイント

R 形状の設計変更による機械加工コストダウンのポイント

Before

R 形状の設計変更による機械加工コストダウンのポイント Before

一般に研削加工は砥石によって加工するが円筒研削加工の場合、上写真のように回転する砥石をワークに当てて加工する。上記図面においては円筒研磨指示部分についてR2の指示がされているが、R2 を出すためには別途砥石の角部の成形が必要になりコストが高くなってしまう。

After

R 形状の設計変更による機械加工コストダウンのポイント Before

R部分の付近の形状を一部変更することで研削加工ではなく、旋盤による加工が可能になる。通常の旋盤加工の機械工具で加工することができ、砥石の成形をR 形状に合わせて行う必要がなく、旋盤加工の段階で必要なR 形状を得ることができるため工程を短縮でき、機械加工の加工コストを下げることができる。

機械部品の設計では、求める必要な部品形状を得るためにどの加工方法が最適かを考えることが重要になる。上記例ではR2 の形状を得るためには通常砥石の成形が必要になるが、形状を一部変更することにより旋盤加工で求める形状を作ることが可能になり、加工コストを抑えることができる。
お問い合わせ 装置製造・加工のご依頼はこちら