運営会社 株式会社阿智精機

電話番号0265-43-2208 FAX番号0265-43-3048

お問い合わせ
  1. TOP
  2. 設計のポイント
  3. SKD 材の活用による機械加工コストダウン・高精度化のポイント

SKD 材の活用による機械加工コストダウン・高精度化のポイント

Before

SKD 材の活用による機械加工コストダウン・高精度化のポイント Before

SKSは硬度があるものの焼き入れを行った際に歪み等が出やすい材料であり、焼入れの後に形状の歪み等を調整するための仕上げの機械加工が必要になる。そのため機械加工による仕上げ加工の分、加工コストが上がってしまう。

After

SKD 材の活用による機械加工コストダウン・高精度化のポイント Before

SKSに代わって、SKDを材料として選ぶことで加工コストダウンが実現できる。SKDは焼き入れ、形状変化が少ない材料であるため、面粗さ等の特別なスペックが必要なければ、焼き入れ後に仕上げ加工なしでそのまま部品として使うことができるため、加工コストが安くなる。

機械部品の設計では、各材料の特性を把握し材料手配、加工を含めたトータルコストを校了することが重要になる。一般に焼き入れを行うと形状変化が起こる。SKS のような材料では仕上げ加工が必要になるが、SKD であれば焼入れに伴う形状変化が小さいため部品によっては仕上げ加工を省略することができ、加工コストを削減することができる。
お問い合わせ 装置製造・加工のご依頼はこちら