運営会社 株式会社阿智精機

電話番号0265-43-2208 FAX番号0265-43-3048

お問い合わせ
  1. TOP
  2. 設計のポイント
  3. 薄肉・複雑形状部品の別体化構造の採用による材料歩留まり向上のポイント

薄肉・複雑形状部品の別体化構造の採用による材料歩留まり向上のポイント

Before

薄肉・複雑形状部品の別体化構造の採用による材料歩留まり向上のポイント Before

一般に薄肉部分や長尺部品、突き出しが長くなるような機械部品は高精度が出しにくい。上図のような部品形状は、高精度が出しにくいことに加え、加工によって除去する部分が大きく材料歩留まりが悪いため加工コスト、材料代が多くかかってしまう。

After

薄肉・複雑形状部品の別体化構造の採用による材料歩留まり向上のポイント Before

複雑形状の機械部品は単純形状部品の組み合わせにすることで、加工コストを削減できるケースがある。薄肉形状部品は機械加工の難易度が高く精度を出しにくいが、別体構造にすることにより機械部品の高精度を実現できるケースもある。別体部品とすることで材料のムダもなくなり、材料費も下げることが可能になる。

機械部品の設計では、材料歩留まりの最適化や機械部品の組合せ構造を考えることが重要になる。薄肉形状部品や複雑形状部品は材料歩留まりが悪くなったり、精度が出しにくいケースが多くなるため、機械部品を単純形状部品の組合せとして考えることで、材料歩留まりを改善し、高精度の機械加工を実現しやすくすることができる。
お問い合わせ 装置製造・加工のご依頼はこちら