運営会社 株式会社阿智精機

電話番号0265-43-2208 FAX番号0265-43-3048

お問い合わせ
  1. TOP
  2. 設計のポイント
  3. ノックピンの省略による組立コストダウンのポイント

ノックピンの省略による組立コストダウンのポイント

Before

ノックピンの省略による組立コストダウンのポイント Before

組立部品においてノックピンでの位置あわせを行っている場合、ノックピンによる組立は高精度を維持できる。しかしコンマ以下程度の精度要求箇所に対してすべてノックピンによる設計を行うと、全体の加工工数、組立工数が非常に多く掛かり、コストが高くなってしまう。

After

ノックピンの省略による組立コストダウンのポイント Before

要求される組立精度がコンマ以下程度の精度である場所は、ノックピンを用いない設計にすることで組立コストを削減することが可能になる。具体的にはノックピンに代わり、つら合わせで位置を合わせてしまうことで組立を行う。こうすることで組立時に使用する位置合わせ治具などを使い、加工工数を減らし、さらに組立工数も減らすことができる。

装置設計では装置全体の要求スペックを考慮しながら、コストや納期のバランスを取ることが重要になる。機械部品を組立てる際には、組立精度が重要になるが、高精度を要する重要箇所はノックピンによる位置あわせを行い、それ以外の箇所はつら合わせによる位置あわせを行うことで機械加工の工数、組立工数を削減することができる。
お問い合わせ 装置製造・加工のご依頼はこちら