運営会社 株式会社阿智精機

電話番号0265-43-2208 FAX番号0265-43-3048

お問い合わせ
  1. TOP
  2. 設計のポイント
  3. 溶接からネジ締結への変更による組立コストダウンのポイント

溶接からネジ締結への変更による組立コストダウンのポイント

Before

溶接からネジ締結への変更による組立コストダウンのポイント Before

溶接加工は金属を一部熱により溶融することにより、部品同士を接合する技術である。そのため組立の際には、溶接による熱で組立部品に歪みが発生する。この溶接による歪みの修正のためには余分な工数が掛かってしまい、コストアップの原因となる。また、溶接部分は溶接時に熱応力が発生し経年変化の心配も出てくる。

After

溶接からネジ締結への変更による組立コストダウンのポイント Before

機械部品の接合部を強度が許す限りでノックピンとネジによる固定に変更することで、パーツが分かれて加工工数が減るので加工コストを削減することができる。溶接部が存在しないため、溶接熱による歪みを抑えることができ、修正の工数を削減すると同時に、2つのパーツを組み合わせた後の直角度・平行度を平面研磨で精度を上げることも可能となり、装置の高精度化も同時に実現できる。

装置設計では装置全体に要求される精度や強度を考慮したうえで、最適な接合方法等を考えることが重要になる。溶接による機械部品同士の接合は、強度が高いものの溶接熱による歪みが生じるため、高精度部品では修正コストが高くなってしまう。場所によってノックピンとネジによる締結を採用した設計とすることで組立コストを削減することが可能になる。
お問い合わせ 装置製造・加工のご依頼はこちら